1999.07 System update notes
-- 1999年07月のシステム・アップデート・ノート
[→PREV][→NEXT]
[←BACK][↑HOME]
bar
[→ Profile][→ System update notes][→ Computer at random][→ BBS][→ Software library][→ Index page]

このページの記事一覧
1999.07.23 pcANYWHERE 9.0、プリントサーバ ET-PS1E 購入
1999.07.17 GA-6BA マザーボード交換、17.9G HD購入、56Kモデム交換
1999.07.03 4.5G SCSI HDD ST-34520N 購入、Microsoftクラッチバッグ当選

1999.07.23  pcANYWHERE 9.0、プリントサーバ ET-PS1E 購入

 I・O DATAのコンパクトプリントサーバ ET-PS1E が安く出ていたので買ってきました。
 プロトコルにIPX/SPXを使うNetWare用のプリントサーバは特価品で安く出ていることも多かったのですが、安くてTCP/IPに対応したものはなかなかありませんでした。TCP/IPに対応したプリントサーバは前から欲しいと思っていたので、ET-PS1E を見つけたときはすぐに買ってしまいました。
 最近、I・O DATA は100Base-TXにも対応した新しいプリントサーバを出したことで、従来製品の ET-PS1E が安く出ているようです。

***

 うちの実家(九州)のほうがOCNエコノミーを引くというので、こっち(東京)からリモートメンテできるように色々と準備しています。
 telnet を使えるようにしておけば簡単なんですけど、セキュリティ上ちと不安なので、とりあえずは SSH を入れました。

 あと、Windows マシンもリモートメンテできるように、SYMANTEC のリモートコントロールソフト、pcANYWHERE 9.0 を買ってきました。
 旧版の pcANYWHERE 8.0 を持っているのでバージョンアップの案内もきていたのですが、今のバージョンで特に不満はないので最初はバージョンアップはしなくてもいいかと思っていました。でも、向こう(九州)のマシンにインストールしなければならないということで。新しく買ってしまいました。こっち(東京)も後でバージョンアップしようと思います。

【参考資料】

SYMANTEC (us)

http://www.symantec.com/

SYMANTEC (japan)

http://www.symantec.co.jp/

I・O DATA

http://www.iodata.co.jp/

最近見たパソコン雑誌/書籍




1999.07.17  GA-6BA マザーボード交換、17.9G HD購入、56Kモデム交換

 先週、PARADISEの56kbps 外付モデム WaveCom 56K Modem Pro を買ったのですが運悪く不良品にあったみたいで、初期不良として新品に交換してみらいました。

 機械だから故障があるのはわるのですけど、ショップやメーカーに故障と認めてもらうのに手間のかかること…。まあこのモデムの場合は国内にある代理店(東海理化販売)にメールで症状を報告したら不良だろうとすぐに話はついたけど、症状を報告するのにあれこれ試して何時間かかかったことか(今、インターネット上ではアフターサポート問題はえらくもりあがっているようですが)。

 今使っている 28.8kbps モデム Microcom (今はCompaqに買収されていたっけ)の V.32 ES II はもう5年くらい使っています。ず〜と電源も切ったことないけど、今も現役ですしまだ使うつもりです。ISDN やOCNエコノミーがあるから以前と比べると使用頻度はずっと減っているし、28.8kbps モデムで何も問題ないのです。
 新しいモデムを買ったのはFAXの受信専用にするためです。WaveCom 56K Modem Pro はモデム内部にメモリを持っていて独立して留守番電話/FAX受信ができます。もちろん、受信したFAXはパソコンから取り出して印刷できます。

***

 CD-R 書き込みようのマシンはなんか不調です。
 ハードディスクの読み書きが途中でできなくなってしまい、最初はハードディスクは悪いのかと思っていました。しかし、表面検査してもエラーはでないし、別のマシンに接続すると症状はでないし、電源はこの前交換したから問題があるとは思えないし。
 このさいマザーボードを交換することにしました。

 ケースがATフォームファクタだから選択肢が限られているのですが、GIGABYTEGA-6BA を買ってきました。新しく調達したパーツは、CPU はコストパォーマンス重視で Celeron 300A (SEPP)、メモリは 128M SDRAM × 2、ビデオカードは MatroxMillennium G400 Singel (AGP/16M)です。SCSIカード、サウカドカード、ネットワークカードはこれまで使っていたものをそのまま使うことにしました。
 さっそく組み立てましたが大きなトラブルもなく順調に動作しています。
 Windows NT 4.0 でネットワークカードを認識しないというトラブルがありましたが、いったんネットワーク関連のドライバとサービスをすべて削除して、再インストールすると直りました。

 ついでに、Maxtorの 17.9Gバイト/7200rpm IDEハードディスク 91792D7 が安く出ていたので買ってきました。うちで一番容量の大きなハードディスクですが、これが2万円そこそこで買える時代になったか。

【参考資料】

PARADISE

http://www.paradisemmp.com/

TORICA 東海理化販売

http://www.torica.com/

Micorcom (japan)

http://www.microcom.co.jp/

GIGABYTE

http://www.giga-byte.com/

 GA-6BA

http://www.giga-byte.com/gigabyte-web/products/ga6ba.htm

Matrox

http://www.matrox.com/

MAXTOR

http://www.maxtor.com/

最近見たパソコン雑誌/書籍

UNIX USER 1999-8 (ソフトバンクパブリッシング

  • 特集
    Linuxによる最新ノートPC活用術
  • PC WORLD JAPAN 1999-8 (IDGコミュニケーションズ

  • 特集
    この夏はフラットベッドスキャナをゲットしよう!!
  • 特集
    いまが“旬”!! いよいよ購入決断!!
    徹底検証!! 15インチTFTディスプレイ大全
    仕事の効率アップはデスク周りの整理から
  • 特別企画
    ここが新しい!! Office2000の実力を探る!!
    徹底解説 これがOffice2000だ!!
    Word2000、Excel2000、PowerPoint2000
    主要アプリケーションの新機能を一挙紹介!!



  • 1999.07.03  4.5G SCSI HDD ST-34520N 購入、Microsoftクラッチバッグ当選

      4.5Gバイト/7200prm のUltra SCSIハードディスク Seagate ST-34520N が安く出ていたので、2台買ってきました。

     ハードディスクは2台とも ファイルサーバーとして使っている Windows NT Server マシン(draken)に取り付けてストライプセット(RAID-0)を作りました。Windows NT Server マシンには4.3GバイトのSCSIハードディスク IBM DCAS-34330 が3台取り付けてあったのですが、1台は取り外して残りの2台でやはりストライプセットを作りました。余った DCAS-34330 は別のマシンにまわそうと思います。
     新しい ST-34520N のストライプセットは問題なくセットアップできたのですが、DCAS-34330 のほうはフォーマットすると途中でとまってしまいます。MS-DOS上 からベリファイ(表面検査)を実行してみると、2台でも不良セクタが3つありました。とりあえずは代理セクタを指定して DCAS-34330 のほうも問題なく使えました。3つ程度の不良セクタなら代理セクタで回避できるのですが、しばらく様子を見て不良セクタが更に増えるようだったら交換しようと思います。

     これでファイルサーバのハードディスク容量は総計で約43Gバイトになりました。

    ***

     先日、mobio NX (xavante)のハードディスクを交換しましたが( 関連記事)、どうもサスペンドがうまいこと動かないようです。
     一見、サスペンドには入っているようですが、復帰できなくて単なるパワーオンになってしまいます。ハイバネーションのほうはちゃんとできるみたいなんで、当面はそっちを使おうと思います。

     それで、アプリケーションのほうも移動したり再セットアップしているのですが、SYMANTEC のリモートコントロールソフト pcANYWHERE32 Version.8.0 の自動更新機能 LiveUpdate が何故かうまいこと動かなくてはまりました。
     うちにある pcANYWHERE は Windows 98 には対応していないらしく(発売当時、まだ Windows 98 は出ていなかったのでしようがないのだけど)、アップデートしないとうまいこと動かないようです。んで、LiveUpdate を使ってアップデートしようとすると、ハマルと…。
     LiveUdpate を実行してプログラムを更新すると pcANYWHERE が起動しなくなってしまいます。
     SYMANTEC のWebページを見ていると、Windows 98対応アップデートファイルが登録されていました。アップデートファイルの説明には LiveUpdate でも配布中みたいなこと書いてあるんだけど、アップデートできないじゃん。
     でも、手動でこれをダウンロードしてパッチをあてるとちゃんと動くようになりました。

     pcANYWHERE はもうすぐ新しい Version.9.0 が出るようです。バージョンアップの案内が届いているのですが、どうするかなぁ。

    ***

     2〜3日前に Microsoft 特製オリジナルクラッチバックなるものが届きました。
     Micrsoft Plus カードのキャンペーンに当選したようです。Micrsoft Plusとっても、Windows 95/98 の機能拡張ソフトのそれではなくて、Microsoft と提携しているクレジットカードのことです。4〜5年前だと思いますが、MSDN に加入するときにちょっとでも入会費用を安くしようと Micrsoft Plus カードを作ったのでした。
     そういえば、2〜3年前にも Micrsoft Plus カードのキャンペンーンで Microsoftオリジナルアタッシュケースが届いたなぁ。

    【参考資料】

    Seagate

    http://www.seagate.com/

    SYMANTEC (us)

    http://www.symantec.com/

    SYMANTEC (japan)

    http://www.symantec.co.jp/

    最近見たパソコン雑誌/書籍
     Inside Windows も今月号で休刊なんですね。

    Windows NT World 1999-8 (IDGコミュニケーションズ

  • 特集
    NTの“生命線”をマスターする!!
    レジストリ実践活用テクニック
    アプリケーションでわかるレジストリの使い方
  • 特集
    「WindowsNT 4.0 Option Pack」は、まだまだ使える!!
    IIS 4.0を使ったインターネットサーバ実践構築講座
  • 特集
    完全保存版
    楽をするユーザー登録
    完全無欠の5大テクニック

    サルからヒトに進化しよう!!
  • 特集
    Exchange ServerベースのサンプルアプリでWindowsDNAを堪能する
    WindowsDNA構築キット徹底活用術
    次世代アプリケーションの開発はこれでバッチリ!
  • Linux Japan 1999-8 (レーザー5出版局秀和システム

    Inside Windows 1999-8 (ソフトバンク パブリッシング

  • 特集 Office 2000 Developer
  • インターフェース 1999-8 (CQ出版社

  • 特集
    NTドライバ&WDM 開発手法のすべて


  • bar
    [→PREV][→NEXT]
    [←BACK][↑HOME]
    PAGE HIT: 00012099  外部へのリンクはページ制作時のものです(後日、修正する場合もあります)。URL が変更されたりページが削除された場合はリンクが切れている可能性がありますがご了承ください。