2000.09 System update notes
-- 2000年09月のシステム・アップデート・ノート
[→PREV][→NEXT]
[←BACK][↑HOME]
bar
[→ Profile][→ System update notes][→ Computer at random][→ BBS][→ Software library][→ Index page]

このページの記事一覧
2000.09.24 データ通信カードPS64C1ファームアップテート
2000.09.17 FC-PGA Celeron 566MHz×2 到着
2000.09.14 究極スケルトンPCケース第2段
2000.09.12 61.4GB/41.4GB IDE ハードディスク購入

2000.09.24 データ通信カードPS64C1ファームアップテート
 最近、サン電子がPS2とH"(PHS)を接続するUSBケーブルを発売するとかっていう記事を見て、うちにもサン電子のデータ通信カード i・Card type P1 (型番:PS64C1)があるのを思い出しました(関連記事)。


PS64C1ファームウェア・バージョンアップ
PS64C1ファームウェアをVer1.07にバージョンアップ

 PHSでのデータ通信は Zaurus がすごく便利でして(関連記事-1関連記事-2)、ノートパソコンでPHSを使うことはほとんどないのですが、何かの機会に使うこともあるだろうと最新の対応アプリケーションやファームウェアをドライバをチェックしておきました。

 サン電子のWebサイトにPS64C1用のファームウェア Ver1.07 が9月8日に登録されたようで、変更点にPIAFS通信時の動作安定性の向上とかってのがあったのでアップデートしておきました。

H
DDIポケットが配布しているH"向けアプリケーションソフト。パソコンでコンテンツサービスを利用したり、電話帳データの管理ができる。

 今まで、PS64C1DDIポケットが配布しているH"向けアプリケーションソフトに対応していなかったのですが、これも7月8日に登録された Ver.1.30 で対応したようです。これもダウンロードして実行してみました。

 H"向けアプリケーションソフトを使うと、パソコンからPメールDXの送受信ができたり、コンテンツサービスを見たり、でH"の電話帳データを管理することができるようです。まぁ、メールとかコンテンツサービスはどうでもいいのですが、電話帳データがパソコンから管理できるのなら、それはそれでいいかもと思い、一応はうちのノートパソコンから使えるようにセットアップしておきました。

 しかし、H"端末もカラー液晶やデジカメ、PCM音源を搭載した新しい feel H"端末が出るようですね。予想された進化ではあるけど、なんでもかんでもつけりゃいいってもんでもないと思うけど…。
 今、Zaurus + PHP端末で出来ていることが、PHP単体で出来るのなら、それはそれでいいかもしんないけど、僕の主な目的はWebブラウザとして使うことだから画面がある程度ないとね。

***

 そいえば、「MSDNライブラリ日本語版7月号CD-ROM差替版」とかいうのが届いていました。
 Windows 95/98上でMSDNライブラリ日本語版2000年7月号の一部の動作が機能しないという現象があったようで、その修正差分のようです。
 うちは Windows NT/2000 だから関係なかったけど。

【参考資料】

サン電子

http://www.sun-denshi.co.jp/

DDIポケット

http://www.ddipocket.co.jp/

 【プレスリリース】「feel H"(フィール・エッジ)」のリリースについて(9/22)

http://www.ddipocket.co.jp/news/i_h120922.html

○MSDN Online Japan

http://www.microsoft.com/japan/developer/

 MSDN Office Japan

http://www.msj.co.jp/msdn/

 MSDNライブラリ日本語版7月号CD-ROM差替版のご案内

http://www.msj.co.jp/msdn/000920.htm

最近見たパソコン雑誌/書籍
Linux Japan 2000-11 (五橋研究所秀和システム)
Windows2000 World 2000-11 (IDGコミュニケーションズ)
PC USER 2000-10/8 (ソフトバンクパブリッシング)


  この記事へのコメント
コメントはありません。


名前 内容 -7174-を右に入力
 名前は10文字、内容は100文字以内で入力してください(半角の場合は倍の文字数まで)。
 もっと長いコメントや感想は掲示板(BBS)に投稿してください。

2000.09.17 FC-PGA Celeron 566MHz×2 到着

Celeron 566MHz
FC-PGA Celeron 566Mhz (FSB 66MHz、L2 128Kバイト)

 このところ雨が続いていて秋葉原までいくのが面倒だった…、というわけではないですが、通販で IntelFC-PGA Celeron 566MHz (FSB 66MHz、L2 128Kバイト)を2個買いました。

 9月14日の深夜(15日の早朝かな)に注文して、17日に発送したというメールが届き、商品もその日のうちに届きました。4.7GB DVD-RAMドライブ関連記事)を通販で予約して買ったとき、発売日に店頭では売っているくせに通販では納期が遅れるというなめくさったことされましたが、さすがに在庫があるモノは普通に届くようです。

 まずは、究極スケルトン(?)ケースのマシン(関連記事-1関連記事-2)で Celeron 566MHz の動作確認を行いましたが、問題ないようです。
 Celeron 566MHz はマザーボード GA-BX2000+GA-6VA7+ のマシンに装着して使用する予定ですが、念のためそれぞれのBIOSを最新のものにアップデートしておきました。マザーボード GA-BX2000+F6F9 GA-6VA7+F2F3 にアップデートしておきました。

 Celeron 566MHz 1個をマザーボード GA-BX2000+ のCD-R書き込み用マシン(wiluna)に装着、順中に動作しています。

 もう1個は、マザーボード GA-6VA7+ のマシン(mildura II)で使うつもりでしたが、なんとなく中止しました。このマザーボードはFSB 133MHzをサポートしているので、どうせたったら次は FSB 133MHz の CPUを狙おうかと思いまして。本当はケース動かしてCPUを交換するのが面倒だっただけなんですが…。

 しかし、今年に入って購入したCPUはすべて2個セットです。

 Dual CPUマシンを使っていると、CPU に倍の金がかかるんだよなぁ

【参考資料】

Intel (usa)

http://www.intel.com/

Intel (japan)

http://www.intel.co.jp/

 Celeron Processor Developer Home

http://developer.intel.com/design/celeron/

  この記事へのコメント
コメントはありません。


名前 内容 -7788-を右に入力
 名前は10文字、内容は100文字以内で入力してください(半角の場合は倍の文字数まで)。
 もっと長いコメントや感想は掲示板(BBS)に投稿してください。

2000.09.14 究極スケルトンPCケース第2段

折畳式積み重ね棚
見た目は Super超頻之家 と同じ

 先々月、『究極の【すけるとん】』といわれている(らしい)Super超頻之家というPCケースを買ってみました(関連記事)。それがアリならこれもアリだろうというので、究極のスケルトンPCケース第2号を調達してきました。

 それが左の写真です。この写真で見ると Super超頻之家 とたいした違いはありませんが、実態は近所の100円ショップで売っていた折畳式積み重ね棚(Lサイズ)です。


折畳式積み重ね棚
本来はこうやって使うもの。耐重重量5kg、1個 100円(ヤカンは別売)

 ち〜と強度と安定性に問題はありますが、見てのとおり仕様はSuper超頻之家と何ら変りはありません。ただ、Super超頻之家にLEDやスイッチの類がちゃんと付いてきましたが、折畳式積み重ね棚を使うにはそこらをなんとかしなければなりません。

 しかし、お値段は1段分 100円とコストパフォーマンス抜群。以前どこかで超低予算でPCを組み上げるという企画でPCケースに少年ジャンプを使用した(単にマザーボードを置いただけだと思う)という話を聞いたことありますが、2段までならこっちのほうが安い。

 ま、あんま本気にとらないように。

***

Windows 2000 SP1

 9月8日に Windows 2000 Service Pack 1 日本語版が公開されましたが、一応ダウンロードしてサブの Windows 2000 Professional 環境にインストールしてみました。
 いきなり、本ちゃんの環境にインストールするほどチャレンジャじゃないです。

 とりあえず問題はなさそうですが、もうしばらく世間の様子を見てから本ちゃんの環境にインストールするかどうか決めたいと思います。

【参考資料】

Microsoft

http://www.microsoft,com/

 Microsoft (japan)

http://www.microsoft.com/japan/

 Windows 2000 Home Page

http://www.microsoft.com/japan/windows2000/

 Windows 2000 Service Pack 1 日本語版

http://www.microsoft.com/japan/windows2000/downloads/recommended/sp1/

最近見たパソコン雑誌/書籍
DOS/V magazine 2000-10/1 (ソフトバンクパブリッシング)
PC Japan 2000-10 (ソフトバンクパブリッシング)


  この記事へのコメント
コメントはありません。


名前 内容 -3100-を右に入力
 名前は10文字、内容は100文字以内で入力してください(半角の場合は倍の文字数まで)。
 もっと長いコメントや感想は掲示板(BBS)に投稿してください。

2000.09.12 61.4GB/41.4GB IDE ハードディスク購入
 MP3等の音声データを溜め込んでいた 20Gバイト・ハードディスクの残り容量が少なくなってきたので、新しいハードディスクを調達してきました。

 買ってきたのは IBM の 41.1G バイト、5400rpm、Ultra ATA/100、IDEハードディスク DTLA-305040Maxtor の 61.4Gバイト、5400rpm、Ultra ATA/100、IDEハードディスク 96147H8 の2台です。
 本当は1台でよかったのですけど、ついでにサーバーとして使っている Linux マシンのハードディスクもでかいのに交換しておこうかと 2台買っておきました。

 当初は、41.1Gバイトの DTLA-305040 がMP3データ格納用で、61.1Gバイトの 96147H8 が Linux マシン用と思っていたのですけど、MP3データは 40Gバイトもあれば(いまのところ)十分格納できそうなんで、用途を逆にしました。

 ここまではよかったのですけど、うちの Linux マシン(venom)では 33.8Gバイト(正確には 65536シリンダ×16ヘッド×63セクタ) を超えるハードディスクが利用できないことがわかりました。
 この Linux マシンの カーネルは 2.0.38 でパッチを当てれば 33.8Gバイトの壁は越えられるはずなんですが、BIOS のせいでどうしてもダメでした。
 容量かシリンダの制限かわかりませんが、96147H8 を接続すると起動時に止まってしまってそれ以上進みません。大容量のハードディスクは容量を小さく見せかける設定がジャンパピンで可能ですが、これをすると起動はしても Linux は小さく設定した容量で使おうとするため、たとえ 61.4Gバイトあっても 33.8Gバイトしか使えません。CHS(シリンダ/ヘッド/セクタ)を手動で設定しても、33.8Gバイトを超える領域をアクセスしようとするとエラーになります。

 結局、BIOS が突破できないかぎりダメだこりゃということになりました。BIOS がハードディスクの確認をスキップしてくれればそれでいいのに、接続されていると止まってしまうからなぁ…。

 この Linux マシンは CPU は Pentium Pro 200MHz で、マザーボードは ASUS P/I-P6NP5 を使っていますが、BIOS は更新されていないようです。
 Linux マシンとして使っているかぎり性能に不満はないけど、大容量ハードディスクが利用できないのはイタイ。こりゃ、そろそろ引退かな。

【参考資料】

IBM (usa)

http://www.ibm.com/

IBM (japan)

http://www.ibm.co.jp/

 Deskstar 40GV

http://www.jp.ibm.com/storage/products/disk/oem/deskstar/ds40gv.htm

 Deskstar 40GV

http://www.storage.ibm.com/hardsoft/diskdrdl/desk/ds40gv.htm

Maxtor

http://www.maxtor.com/

 DiamindMax Family

http://www.maxtor.com/products/diamondmax/diamondmax/information.html

 DiamindMax 60 Ultra DMA 100: QuickSpecs

http://www.maxtor.com/products/diamondmax/diamondmax/quickspecs/42074.htm

最近見たパソコン雑誌/書籍
PC USER 2000-9/24 (ソフトバンクパブリッシング)
UNIX USER 2000-10 (ソフトバンクパブリッシング)
日経Linux 2000-10 (日経BP社)
Linuxネットワークサーバ構築ガイド No.3 (アスキー)


  この記事へのコメント
コメントはありません。


名前 内容 -7128-を右に入力
 名前は10文字、内容は100文字以内で入力してください(半角の場合は倍の文字数まで)。
 もっと長いコメントや感想は掲示板(BBS)に投稿してください。
bar
[→PREV][→NEXT]
[←BACK][↑HOME]
PAGE HIT: 00010278  外部へのリンクはページ制作時のものです(後日、修正する場合もあります)。URL が変更されたりページが削除された場合はリンクが切れている可能性がありますがご了承ください。